【中丸町の由来】
中の丸村→中丸村 
1889年4月1日
(明治22年)
市制町村制により下板橋宿、金井窪村、中丸村(池袋村の分村)、池袋村飛地、上板橋宿飛地と滝野川村(一部)が合併して板橋町となる。
東京府北豊島郡板橋町大字中丸
1932年10月1日
(昭和7年)
市郡併合により板橋区が誕生。板橋区板橋町2?4丁目になる。
1958年3月1日
(昭和33年)
町名地番整理により板橋町2~3丁目の各一部をあわせた町域として中丸町が誕生。
同じく稲荷台、仲宿、氷川町、中板橋、栄町が誕生。
1971年1月1日
(昭和46年)
新住居表示を実施し現行の中丸町が確定する。