平成30年に入り板橋区内で住宅火災により2名の死者が発生しています。

また、東京消防庁管内において、1月1日~2月14日までに、住宅火災による死者が22人発生し、
昨年同時期と比較すると死者数は2倍を超えています。

出火原因の多くは「たばこ」、「ストーブ」です。
「たばこ」での原因は寝たばこ、たばこの不始末。
「ストーブ」での原因の全ては電気ストーブによるもので、周囲に置いた可燃物に接触することで火災が発生しています。

住宅火災において、住宅用火災警報器などの設置状況を見ると8割以上が未設置だったという結果も出ています。

・寝たばこは絶対にしない!
・ストーブの周りに燃えやすいものを置かない!
・住宅用火災警報器を設置する!(設置は義務です)

火災から尊い命や大切な財産を守りましょう。

ご自宅の安全の状況をこちらのチラシのチェック項目を参考に確認してみてください。(PDF)
※チラシの制作は東京消防庁 板橋消防署で制作された資料です。
 資料の著作権は東京消防庁 板橋消防署に帰属します。